ブログ

2020年3月21日 カテゴリー : ブログ

嬉しい連絡

これまで、誰かが悩んでいるときに相談に乗っているつもりが、いつの間にか自分の価値観で認知し勝手にアドアイスしてしまって、逆にその人を傷つけてしまった経験があります。

相談に乗る、傾聴する、カウンセリング・・・これまで冒頭のような失敗もありましたが、やはり、私の関心はここにあるんだな~と思う出来事がありました。

以前、お子さんが発達障がいかもしれない、不登校でどんな風に声掛けをしていいか困っているなどで悩んでいたお母さんから、ご相談をお受けしていましたが、いつの間にか連絡が無くなっていたので、きっとお元気にお過ごしだろうなと思っていました。

ご相談下さった方が、その後どうされているか・・・便りがないのは元気な証拠!と思ってはいても、時折「どうされているかな」などと思うものです。

そんな矢先に「あれから学校に行くようになって、無事に進学しました」と、うれしい嬉しい連絡がありました!

また、ある人からは「話を聴いてもらった後、なんだか動いてみようという気持ちになって、不思議と子どもとうまく行くようになりました」などの連絡を頂き、お子さんとの良好な関係性が、まるで自分に起こった出来事のように嬉しい思いをしました。

こんな連絡を頂けると、とっても嬉しいです。同時に、以前の私を振り返る良い機会にもなります。

自分の関心事プラス自分しかできないこと、もっと深めていきたいと思っています。