ブログ

2020年4月3日 カテゴリー : ブログ

癒されます(^^♪

連日のコロナ関連のニュースで心がざわつく日々ですが、春らしい風を感じたり桜の景色を目にしたりすると、ほっと心癒され、自然に感謝するばかりです。

3つ密を避けて努めて外に出ようと思いますが、事務所にこもって仕事をしていると、また悶々と気分が下がりそうになるときもあります。

そんな時、窓を開けると事務所1階にある保育園の園児の声に、本当に癒されます。保育園でコンサルタントをしているから、子どもが大好きなのはもちろんですが、子どもたちの存在は大きく、その笑い声や泣き声でさえ活力を貰えます。

「笑う回数が多いほど脳が活性化し発達が良くなるのは赤ちゃんだけでなく、成人や老人でも同様である」と言われています。笑う門には福来る!なのです。笑いの効果は、免疫力が上がる、血流が良くなる、ストレス解消や気持ちがアップする、人間関係を円滑にするなどと言われます。子どもは、あらゆることを新鮮に感じ、「好奇心」の塊ですね。大人になるにつれて笑うことが減るのは、だんだん新鮮さやトキメキ、好奇心が薄れていくからかもしれません。だから、子どもの笑い(笑顔)は力をくれて、こちらも思わず表情が緩み癒されるのだと思います。子育て中のように、ゲラゲラと大声で笑うことも少なくなってきましたが、保育園でお仕事をさせて頂けて、ゲラゲラ笑ったり、ほほえましい場面に出会ったりして、たくさんの元気を貰っています!

 

昨日は、数年ぶりのバレエのお稽古に行けました。明るく楽しい先生とメンバーさん、優雅に(笑)笑いありの癒しの時間を過ごさせて頂きました。

再びトゥシューズが履けるよう、体力・筋力が回復しますように。