ブログ

2020年6月19日 カテゴリー : ブログ

自分でできるカウンセリング

毎月参加しているSATの勉強会。今月は「自分でできるカウンセリング」でした。

気になっている事柄をあげて、そこにある感情に気づき、その背景にある期待を自分でひも解いていく・・・だんだん難しくて、とまってしまうところを「考えずにひらめき」で!

そして、SATにおける「心の本質的欲求」を導き出すのが、正直辛くなってしまいました。まさに、ソウルの欲求ですから、脳幹反応(胸ジーン、鳥肌、目がウルウルなど)が生じます。自分でやるのは難しいのですが、そもそもカウンセリングは、安心の場(ハード・ソフト両面の環境)でなければ、なかなか自己開示できないものです。つまり、自分でやるということは誰にも知られず究極の安心の場!?ということになります。…と先生がおっしゃって、とても納得しました。

ソウルの欲求に気づき、さて、どう行動しようかと思っていると、ふとひらめきます。とても、穏やかな気持ちで。

でも、親友に聴いてもらって共感してもらう!これが一番すっきりしたという感じです。小さい頃から「私の話を聴いてほしい」と願ってきましたが、だんだん聞き役に心地よさを感じて「傾聴」に強い関心があります。と、よくブログに書いていますが、たまには、安心した相手に話を聴いてもらうのは、やはり心地よいものです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

話を聴いてもらって心が軽くなること、これまでに何度も経験しました。だから、このたびの新たな挑戦「ボイスマルシェ」で、もっと多くの方と出会い、お話を聴かせてほしいと思っています。

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ